既に始まっている、産土リサーチ

個人セッションの際に、住宅地図に生まれてから住んでいたお家の場所に、まずは赤ペンで丸をつける。


自分が当時住んでいた場所は、私はこのHPの冒頭でも言ったが、お宮さんの下に家があった。


現在は、既に取り壊してその家はない。


近年、自分の産土神社に幾度に、必ずその境内からその家の跡地を眺めるのだが、あれだけ大きいと感じていた家は、今になってみると大したことがないな、、、って思ったり。


あるのは、井戸水の後と納屋だけが残っているだけである。

 

鑑定士の彩祐子さんと打ち合わせをしていて、とっても腑に落ちたことがあった。

 

石川県生まれの人は、生家の住所を教えてくれれば、こちらでその丸付けをすることとしたが、よくよく話を聞けば、自分の産土神社リサーチ・自分のルーツを知るということは、その地図を用意し、自分の生まれた家に丸付けをすることから始まるとのこと。

 

そして、自分の家を中心に周りに何があるのか、神社仏閣を全て丸付けをしていく。(半径何キロなのかは聞くの忘れた(・。・))

 

 

これは、文字通り、自分のルーツを知るということ

 

それは、生まれ育ったその土地を知ることは、その土地に感謝をすることである。

 

丸付けをしながら、こんな所にも神社があるんだな~って

この神社はこんな名前何だな~って

こんな所にこういう場所があるんだな(昔、ここはあーだったなってww)

 

一つずつ確認をしていくのである。

 

 

もともと私は神社が好きだったこともあり、遊び場が神社の境内ということもあり、また、お祭り好きだということもありww 結構、近隣の神社の場所は把握していましたが、それでも、10歳まで住んだその地区の神社の名前は全て覚えてはいなかった。

 

今から8年前に産土リサーチをしていただいた時、その後にやったことは、石川県の神社庁のHPで神社の名前と御祭神を調べること。

 

これがまたとっても楽しかったんですよ~!

そうして、インターネットを駆使していろいろ調べていくうちに、自分に関わる神社を少しずつ理解していけるようになったのです。

 

これら、自分の興味で自分のペースでやってきましたが、今回の彩祐子さんのリサーチは、産土リサーチするとはどういうことか、そしてリサーチをする前に、自分がどうなりたいか!ということも明確にし、少しずつ自分の意識を開いて行くのである。

 

10年という鑑定の歴史があり、結果を出している方のいう話は、とっても腑におちます。

 

人任せではない、自分ごととして捉え、自分の道(ルーツ)を知るとはどういうことなのか。

それは、生まれてきたことに、そして、生かれていることに感謝をすることである。

 

 

もちろん、セッション時間の90分や120分という限られた時間を有効に使う為もあるが、自身の力で切り開いていく為にも、こういった自分と向き合う時間が必要なんだろうな。それが、結果にも繋がるんだろう。

 

 

また、個人セッションをお申込みされた方には、事前に祝詞(のりと)もお渡しいたします。

これだけでも、価値あります!

 

ここまでが個人セッションを受ける為の事前準備。

 

 

やはり、産土リサーチは神事。

 

厳粛に、より霊性に。

自分のルーツを知り、より輝いていきましょう!

 

 

講座では、ワーク等もあるとのこと。

それも楽しみです。

 

ただ、調べて終わり!ではなく、お参りの仕方や、その時の注意点やその後の課題等、、、

講座と個人セッションを通して、ご開運のお手伝いをさせていただきます~

 

お申込みはイベントページから

お問合せはこちらからとなります!